つくばフォーラム2018

展示ご案内  ITEA出展社一覧

一般社団法人 情報通信エンジニアリング協会(ITEA)

品質・作業効率の向上に向けた電気通信ツールをご紹介します。

トータルICTソリューションで、人と人、人と社会をつなぎ、笑顔あふれる未来の実現に貢献します。

弊社の展示ブースでは通信建設工事の安全・品質の向上、作業効率化に資する開発品をご紹介します。

【主な出展品名】
【概要】
車両飛び込まれ警告システム「ドレミ」
Newバージョン「無線式ドレミ」
[高速道路]、[一般道で車線規制が長い時]や[見通しの悪いカーブや坂道]で工事を行う際に、規制エリアへの車両の飛び込まれによる人身事故の被害を低減するため、ドレミ本体の近くだけでなく離れた場所にいる作業員にも無線通信により瞬時に警告を発することが出来るシステムです。
太陽電池モジュール遠隔診断システム
太陽電池モジュールの1クラスタ分の劣化に相当する発電損を遠隔で検知でき、現地作業要員をタイムリーに派遣して、劣化モジュールを特定することで作業稼働を効率化することができます。
高価な常時発電量監視システムに代えて、低圧(50KW以下)サイトでの保守サービスメニューとしても有効です。

テーパ型ダイアMH鉄蓋を開閉する工具を始め、メタル減対リプレースの考え方で光化促進に寄与するユニット他、アクセス・ユーザ工事の建設から保守に至るまで、現場で役立つツールを幅広く展示します。

【主な出展品名】
【概要】
テーパ型ダイアMH鉄蓋開閉器
NTT様のMH鉄蓋を、一人で簡単に開閉できるツールです。(確実に地切りがされていること。否の場合ツールが破損する恐れがあります。)
7SUB-1Bユニット(仮称)
最小メタル成端2対に対応で小型化、お客様MDFへの設置性を向上した、7SUB-2Bユニットを開発しました。

電気通信設備工事における、アクセス、基盤、所内の分野で安全・環境・品質の確保及び作業効率の向上を図るツールをご紹介します。

【主な出展品名】
【概要】
新型ダイヤMH鉄蓋の開閉工具
新型ダイヤ鉄蓋の、専用鉄蓋開閉工具

工事区域内における清掃作業の軽減
道路上に飛散した土や小石を集積するための工具

エンジニアリングで培った技術を土台に、新たな分野への挑戦を続けており、常に新しい/高度なサービスの提供を目指し、取り組んでいます。 今回の出展では、ドローンやLPWAのソリューションをご紹介します。

【主な出展品名】
【概要】
ドローンサービス(パイロット育成/運航代行/システム販売)
各種センサとドローンの組合せにより無限の可能性があり、他企業とのアライアンスにより様々なサービスを実現。
【ターゲット市場】 設備点検(吊り線点検・壁面点検 など)/災害時対策
280MHz帯無線によるioTネットワークソリューション
水道などの信頼性を要求されるユーティリティに適したLPWAの一種である280MHz帯無線によるスマートメータソリューション

弊社は、現場意見をもとに、アクセス、所内等の工事における安全・品質・作業効率の向上に繋がる物品をご紹介します。

継柱接合部高力ボルト締付け作業の作業支援ツール、信号線及び電源線の電圧確認作業の安全性・作業性を向上するツール、切管作業時に管路内ケーブル誤切断を防止するための器具をご紹介します。

【主な出展品名】
【概要】
継柱接合部高力ボルト締付け作業支援ツール
継柱フランジ接合作業時における作業者の負担軽減と写真検査の精度向上を図るため、高力ボルト締付け作業支援ツールを開発しました。
信号(IR、CR)・電源確認ツール
信号線及び電源線の電圧確認作業の安全性・確実性を向上させるため、架の前面部から電源供給の有無を確認出来る信号(IR、CR)・電源確認ツールを開発しました。

地域とともに、地域の未来へ。人と人をつなぐTTKです。TTKはより良い作業環境、安全性、効率化を目指して開発に取り組んでいます。今年度は、アクセス、土木、システムの展示品を出展します。